HOME | 交通事故

交通事故

load

事故に遭われましたこと、心よりお見舞い申し上げます。
仙台榴岡法律事務所は、お役に立てますよう全力でサポートいたします。

交通事故に遭われた方の
今後の流れは、
典型的には次のとおりとなります。

流れ

まずは通院が第一となります。
おからだは大切ですし、
通院期間に見合った慰謝料を計算するためにも
まずは通院が先に立ちます。
 
完治しない場合には
「後遺障害」として
症状固定日という基準日を設け
基準日までに実際に発生した損害と
基準日後に発生するであろう損害を
それぞれ計算します。
 

 

交通事故に遭われお怪我を負われた際は、
完治がなによりではありますが、
残念ながらどうしても完治しないことがあります。
そのときは、
「症状固定」との診断を受けた上で
後遺障害の認定を受けることが重要となります。
 
後遺障害が認められると
後遺症を負うこととなったことに対する慰謝料
(後遺障害慰謝料)や
仕事に支障をきたした部分(逸失利益)に
大きく影響しますので
後遺障害等級に該当するか、
何級に該当するかが重要となります。
 

むち打ちの特徴

交通事故でいわゆるむち打ちになる方は
非常に多く見られます。
 
むち打ちとは、
「頚部に加速減速のメカニズムによって過大な負荷がかかった状態」
のことを言い、
頸椎捻挫・頸椎挫傷・頸椎打撲・腰椎捻挫
等と診断されます。
 
事故後半年以上経過しても
痛み、しびれなどの症状が改善されない場合は
「局部に神経症状を残すもの」として
後遺障害14級9号に該当する可能性があります。
 
ですが、痛みやしびれなど
外見的には分かりにくい症状であるために、
後遺障害の認定において
「医学的所見に乏しい」などとして
認定されないことが多いのが
むち打ちの特徴といえます。
(診断名がバラバラであるところからも
診断の難しさがお判りいただけるかと思います)
等級としては一番下の14級であるにもかかわらず、
難易度としてはかなり上位であるところに
むち打ちの困難さがあります。
 

当事務所の弁護士小澤は、
東北中から交通事故の相談が集まる
大手事務所の仙台支店にて
数多くの交通事故案件に携わり、
むち打ちの事案においても
数多くの等級認定を得た実績を有しています。
 
そして、当事務所においても
等級認定を得ております。
 

お客様の声

お客様から寄せられた声を紹介します。

常に依頼主の視点で対応していただいた事、加えて、状況報告においても、明確に説明してくださった事に感謝しております。
予想以上に早期解決していただき安心しました。また、過度な和解金の提示もなく、適切に処理していただいたと感じております。

弁護士費用

はじめに

まずはご自身の保険に
弁護士費用特約が付いているかどうかお確かめください。
また、付いていない方でも
ご家族の保険に弁護士費用特約が付いていて
家族全員を対象としているため利用できる
という場合もございますので、
あわせてお確かめください。

弁護士費用特約が付いている方

最大300万円まで弁護士費用が補償されます。
300万円を上回る事例は稀ですので、
弁護士費用特約がお付きの場合、
ほとんどの方は自己負担がございません。
 
例えば、相談料として
1時間あたり1万円(税抜)が発生しますが、
こちらの相談料は保険会社に請求いたします。

弁護士費用特約が付いていない方

報酬は、事故の性質によって変動しますが、
一例としては以下のとおりとなります。
 

交渉による場合

 獲得した利益の10%+20万円(消費税抜)
 

訴訟による場合

着手金:20万円(消費税抜)
報酬金:獲得した利益の10%+20万円(消費税抜)

弁護士へのご依頼によって
かえって赤字となるリスクがございます。
そのため、当事務所としても慎重に検討の上、
費用倒れのリスクが高い場合には
その旨をご説明いたします。

なお、
以下の事案につきましては
30分当たり5000円(税抜)の
有料相談となっておりますので
あらかじめご了承ください。
 
・交通事故の行政処分に関するご相談
・物損のみ争いのある事案のご相談
・交通事故加害者とされている事案のご相談
 

24時間受付のメールフォームはこちら